読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠について

昨日は書けませんでしたので、本日書きます(笑)

睡眠について、改善するためには思い当たる主なアプローチをやり尽くせば改善しやすい、という話をしたので、その方法の中で簡単なものをいくつか載せます。

最も手軽にできるのは、スマートフォンブルーライトカットです。
いつも世の中で言われていない改善法を載せているのに、普通でごめんなさい(笑)

でも、これは効きますよ!
設定で、「全ての時間」で「最強の濃さ」に設定するのがオススメです。

ブルーライトカットのメガネなどよりも、そもそもブルーライトを出さない設定にした方が効果的ですよ^^*

また、ブルーライトカットアプリなどがないテレビなどでも、
色の調整設定をいじればかなりカットできます。

これは設定するだけで睡眠がかなり変わるので、是非やって見てください。

ちなみに、全員に効果的かはわかりませんが、僕は視力がかなり上がりました。


***

2つ目は、悩みを抱えないことです。

しかし、これはなかなか難しいものです。
悩みを抱えないような性格を作る努力は普段からできますが、
眠れない時に「悩みを抱えないようにしよう!」と決断して、
うまくできる人は少ないはず。

まあ普段から悩みを抱えないように努力をすればOKなのですが、
睡眠で大事なことがあります。


それは、ショックな出来事があった時についてです。

実は、ショックな出来事があって、眠れない時は、どうにもなりません。

何故ならば、脳は強いストレスを感じるとそのようなことが2度と起こらないように、
脳に強く記憶します。

そして、この時に、

ストレスは健康に悪いと思っている人は、健康や心に害を及ぼします。

しかし、

ストレスが健康に良いと思っている人は、知能が上がります。 


実はストレスは、考え方で効果が2極化するのです。


実はストレスはものすごく脳と健康に良いのです。

だって、二度と同じショックが起こらないように、 

ものすごい速度で脳を改革しますからね。

だから眠れないのです。 


健康や脳に悪いと言われているストレスは、

「暗闇で24時間泳ぎ続けないと殺される」

くらいのストレスですので、
本当はストレスは健康や脳に害がありません。

当然、ストレスで病気になることはありません。

ストレスで病気になった人は、
自分でストレスと病気を作り出しています。
アドラーの本を読んでみましょう。 


なので、ストレスやショックで眠れない時は、
「あ〜脳が育ってるわ〜」と思って、耐えてください。
普通に寝るのは無理です。諦めましょう。


***

3つ目は宣伝になってしまうのですが、僕の出している超脳力開発法を行なってください。
トレーニングとかではないので「開発法」という感じではないですが、
これは睡眠をとる必要がどんどんなくなっていくという効果も期待できるものですので、
ちゃんと行えば、どうしても寝付けなくて3時間しか眠れなくても、割と平気だったりします。

では、今日はこの辺で!【期間限定値下げ】僕が3時間で4000単語記憶の知能を入手した超脳力開発法&共感覚習得の文章