読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛に対する相談に回答しましたpart6

昨日の続きです
こちらは相談メールにて回答した内容ですが、相談メールの値段を30000円から50000円に値上げしました。
僕はいろいろなことをやっているので、時間的にきつくなってしまい、、、すみません(TT)


***

しかし、あなた様が悪いのではございません、
あなたによって引き起こされた彼女のショックですが、
あなたさまもあなたさまで、都合がありますから、
彼女が自分のことを好きでいるということが、
自分の最も居心地の良い状態から外れてしまい、不安だったのです。
それを今から説明いたします。

ご存知かもしれませんが、人間は自分の意思に関わらず、
自分のもっとも居心地のよい状態以外の状態に行こうとすると不快に感じ、
なんとかして戻そうとします。
 
それが、「自分は相手と付き合えない」という状態や、
あまりそういったことに自信がない状態で長くいたあなたにとっては、

意思では相手と仲良くなりたいと思っていても、
 実際に相手がどんどん歩み寄ってくると自分では感じられない不安を感じて、
合理的でない行動を取ってしまうものです。
これはホメオスタシス機能というものによって起こります。

これは、居心地が良い場所に行こうとする働きで、どの生命体にもあるものです。

居心地というか、「普段の慣れている状態に身を置きたい」という働きです。
これをコンフォートゾーンといいます。

よって、相手にとっては、基本的に居心地が悪い状態の時は、
自分で意識しなくても無意識が自動で病気を起こし、
弱さを使って回りをコントロールします。
 
あなた様との関係が疎遠になってから、
どんどん体の状態が悪くなっていったのも、こういう理由があるのです。

そして、これを二度と起こさないためには、
この上記のホメオスタシス機能に気がついていれば、
今度そういうことが起こっても、制御することができます。
 
また、上記のことからお分かりのように、彼女の病状は、
居心地で決まりますので、あなた様との関係が良くなれば自動的に治ります。

大変失礼な言い方ですが、彼女が、
苦手な人と話すときにとても緊張するのも、すべては居心地のせいであり、
あなたという居心地にたどり着くための無意識的な行動です。

なので、それを満たすと、面白いようにころっと性格が変わっていきます。
性格はもともとその人に存在するものではなく、
環境の中での自分の立場としてもパラメータとして調整されて存在します。

 
性格というものが存在していて周りに合わせているのではなく、
周りによって生まれてくる調整のパラメータが性格でございますので、
どの人間も環境が変わるとコロッと人格が変わります。

なので環境を変える(相手にとって居心地の良い場所になることにより、)様々な点が改善し、あなたと一緒にいたいと思いながらも、病気や、対人の不安などは大きく減ります。

 
<OPで透視>メールで恋愛・人生・ビジネス・能力開発などの相談に脳科学的な理論的なアドバイスをします