読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学歴で他人を馬鹿にする奴はアホ


学歴で相手のことを見下したりする方がかなり多いですが、
今日はそのアホさ加減の解説と対処法です(笑)

まず、ハイレベルな大学に行っていれば頭が良かったり、良い教育を受けているという発想が多くの人の中にあります。

ですが、大学は生徒のためにあるのではなく、先生が食って行くための施設です。

中には情熱を持って教えてくれる先生もいますが、基本的には固定給の中で与えられた仕事をしているだけなので、頭も良くないし教育レベルも低いことが多いです。

情熱的な先生に出会えた人は、幸運な人ですが、それは大学のレベルは関係ありません。
どの大学にも一定の割合で熱心な先生がいて、普通な先生がいて、怠け者な先生がいます。

そしてその上で僕が言いたいのは、
どの大学に入るかではなく、大学の中でどの位置にいるか
が大事です。

なので俗にいうFランク大学でも東大などよりも良い教育を受けた優秀な生徒が生まれます。
枠組みの中で機能が決まり、その中で能力が決まっているのが先行しているので、
その枠組みという抽象度で判断するのはアホです。

そして対象法ですが、
多くの場合は、実際には見下していません。

上記の件も含めて大学の現状を把握した上で見下しているなら、普通に見下されていますが、
普通は自分の大学のことしか知らずに、見下しています。

例えば、慶応大学の人は、いわゆるFランク大学の生活などは知らないわけです。

つまり、知っていて見下しているのであれば、見下されていますが、
基本的にこのように「あまり知らないけどなんとなく見下している人」は、

反射で見下しているのです。

つまり、社会的洗脳されてしまっています。
社会的洗脳をされると、反射でプログラムが発動するので、
自分で思考していません。

そして反射で見下している人に対して見下されないようにしたい場合は、
相手のニーズに答えればOKです。
(多くの状況がありますので、この方法が100%聞くとは限りません)

多くの場合、その相手はストレスやコンプレックスを抱えています。
例えば上司に怒られてしまった人であれば、こちらを見下してきても、

「話のわからない上司で大変だね^^;」と言って、
ジュースなどを買って差し出してあげてください。


そうすれば、こちらのことを見下していた自分がちっぽけな存在に思えてしまい、
積極的に仲良くなろうとしてきます。


このように、自分のことを無根拠で馬鹿にしてくる人には、

何を求めているかを探り、
馬鹿にされていても許して、
しかもプレゼントをあげてしまう。

このように、器が大きいことをアピールすれば、
うまくハマれば、「なんで俺は高学歴なのに小さいことをしてしまうんだ」と
逆学歴コンプレックスが自動的に誘発されます(笑)

では、今日はこの辺で^^*






  【遠隔気功】あなたの嫌いな人の意識を本人に気づかれないように書き換えます(笑)【超能力】